お陰様で無事に

3月ですね。

年末に植えたチューリップと不明(スイセンではないだろうかと患者さんが言っていましたが…)の球根から芽がでました。

パンジーや葉牡丹は本当に霜に強いですね〜

朝は毎日凍っていたけど、昼になると元気になっていましたね。

 

  \お陰様で、私事ですが長男が無事に産まれました/

出産に伴い、臨時休診になりましたので

ご来院されたかたには大変ご迷惑をおかけ致しましたm( __ __ )m

 

開院2日前に奥様が一生懸命に開院手伝いをしてくれて、動きすぎた結果一時入院しましたが

年末に退院しまして、出産まではずっと入院することなく無事に生まれてきてくれました。

 

 

皆様には本当にご心配おかけ致しました。

 

 

今回は出産に伴いオステオパシーの勉強にもなり、改めて色々な繋がりを感じております。

本当に命とはすごい

 

 

話は変わりますが、最近は「産後の骨盤矯正」って出来ますか?とご相談を頂く事が多いです。

おそらく、様々な広告に骨盤矯正 ○○○円とよく書かれているからだと思います。

 

そもそも骨盤とは…

左右の寛骨と仙骨、尾骨からなりそして関節も左右の仙腸関節に前方の恥骨結合、上方には腰椎と、または下肢との連結として股関節があります。

またかなりの数の靭帯や筋膜、そして内部には前方から膀胱、子宮、直腸があり靭帯と骨盤底筋に支えられている形です。

 

そして骨盤の形状を変えてしまうほどの病変というのははかなりの数があり、

それは骨盤だけの問題ではなく

上は頭蓋骨から下は足の先まで問題として出てきます。

 

そんな遠い部位まで繋がるの

と思われるでしょうが

 

頭蓋と骨盤は硬膜という脊髄や脳を包むもので連結しており

骨盤に問題があれば頭蓋にも何かしら問題があってもおかしくありません。

 

それ以外にも腹部内臓とも関連があったりと。。。

 

書き出すとキリがないです。

 

ということは

 

骨盤の形にこだわるような矯正では意味がないわけではないが、ほかの問題や病変はどうなるの・・・?

ということになります。

 

それぞれのバランスも大事です。

 

つい先日、骨盤矯正を受けてからの体調が思わしくないかたが来られました。

骨盤だけ結構な刺激でされたそうです。

 

直後から膝がかなり腫れあがり

そしてそれから風邪をひいてから

咳が2か月ほど治らなかったそうです。

 

 

数々の検査の末、一番の問題は胸椎でした。

 

 

オステオパシーには骨盤や仙骨にコンタクトするテクニックは山ほどあります。

ですが、こういう主訴や症状があるからこのテクニック!とか

このテクニックは万人に効くなどのような治療の方法はありません。

 

 

もし10人いたら、それぞれ違う治療法で10通りです。

 

 

話が長くなっちゃいましたが

 

 

当院には骨盤矯正というメニューはありません<(_ _)>

 

 

なぜなら、もし骨盤の形が歪んでいても問題は骨盤だけではないということです。

産後にカラダのことや体調が気になる方は

是非オステオパシーを(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント